社会保険労務士
小林和美事務所

お電話でのお問い合わせ
055-243-2144

メールでのお問い合わせ

相談者様から。差し入れありがとうございます♪

相談者様から。差し入れありがとうございます♪

労災、パワハラ、解雇についてアドバイスをしている相談者様からおいしい差し入れをいただきました♪ 相談者様は新卒で入社した会社で業務中に事故にあい、労災を適用して勤務しながらけがの療養をしていたのですが、けがのために思うように勤務できずにまた、上司からの叱責などもあり、第2の労災の症状も出てしまい、ご自分がどのような手続きをしたらよいか、どう立ち回ったらいいか迷われてしまって相談にいらっしゃいました。 最初にご相談を受けてからもう1年近くになりますが、ご相談者様を取り巻く状況は変わってきています。 私は社労士という立場から、労働法規の番人として会社側、そして働く側が労働基準法上守らなければならないことを、また、新入社員研修を実施するキャリアコンサルタントとしては社会人が働くために考えてほしいことをお伝えしています。 これから長い職業人生において、本来なら働く意義や会社に対する考え方を身をもって学ぶ貴重な”新入り”の時期にこのような困難な事故にあってしまったことは不幸であると同時にとても大きな社会勉強にもなる、とご本人にも伝えました。 働く側の権利としての保障や相談窓口は十分に活用し、また社会人として一日も早い社会復帰をしていただきたい。 そのための最善の方法は何か、一緒に考える「法律と諸々の相談窓口」として活動していきますので、お気軽に活用していただきたいと思います。