社会保険労務士
小林和美事務所

お電話でのお問い合わせ
055-243-2144

メールでのお問い合わせ

総合事務科「面接のためのビジネスマナー」お疲れさまでした。

総合事務科「面接のためのビジネスマナー」お疲れさまでした。

6月2,5,6日の3日間、山梨県就業支援センターで実施している「チャレンジマザー就業支援事業 総合事務科」の「面接のためのビジネスマナー」を担当いたしました。 この講座は毎年5月から8月にかけての3か月間、主に子育てがひと段落して再就職を考えているお母さま、シングルマザーを対象とした、パソコンや簿記の知識を学び資格を取得するという託児付きの講座です。 私が担当するのはその中の「面接のためのビジネスマナー」。全3日間で一通りのビジネスマナーと、面接時においての所作を確実に身につけてもらう、というものです。 今年のクラスは総勢18名。みなさんお子さんが小さく、休み時間の話も病児保育や風邪の話が多く、また学校の引き渡し訓練などでなかなか思うようにご自分のことが出来ない一番大変な時期での受講です。ただ、今年は比較的みなさん品よく、落ち着きのあるクラスでした^^。 前半は一般的なビジネスマナーを座学で行いました。学ぶ項目も多いので理解を確認しながら進めました。中でも実際の所作である来客対応では、みなさん特に真剣に聞いてくださったように思います。 この授業の中心は題名にもある通り面接のロールプレイングにあります。みなさんの中には初めての経験で戸惑う方もいましたが、回数を重ねるたびに見違えるように一つ一つの姿勢、動きがよくなっていきました。特に研修最終日の朝はセンターのスタッフの皆さんが驚かれるくらい丁寧なあいさつを交わすことができ、私もとてもやりがいを感じながら最終日まで全力でロールプレイングを実施いたしました。 今回受講された皆さんはとてもまじめで前向きで、「圧迫面接」の演習の際には対応するうえでの注意事項をお話ししただけでその後のロールプレイングでは私が想定していたよりも格段に模範的な受け答えができました。これは例年に比べて特筆すべきことです。 このロールプレイングはメリットばかりで、本来の目的であるマナーを身につけるのはもちろん、ほかの方の所作も見ることができる、話す内容も参考にできる、などいいことずくめです。でも実際にみなさんの前でやってみるのは大変な勇気がいると思います。これに逃げないことが実は一番大きなメリットではないかな、と私はいつも思っています。 いつもと違う授業にみなさん戸惑われながらも懸命に向ってくれました。この3日間はこれから本格的に就職活動を始めるみなさんにとって大きな原動力になると思います。そしてこの3日間をスタートとして、研修中の3か月間毎日気に留めることでゆっくり確実にマナーがご自身のものになると思います。 みなさま、本当にお疲れ様でした。そして支援センターのスタッフのみなさま、お世話になりました。また来年もお会いできると嬉しいです。ありがとうございました!!